• 駐車場完備
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-810-094

公正証書遺言

公正証書遺言とは、公証人が遺言者の口述をもとに遺言書を作成し、その原本を公証人が保管するものですから、安全で確実な遺言書であると言えます。

口述の際には、2名以上の証人立会いが必要です。

公証人が作成した遺言書に、遺言者、証人、公証人が署名押印すれば、公正証書として認められます。

 

 

公正証書遺言の作成手順

(1)誰に、どの財産を、どれだけ相続させるのかあらかじめ決めておきましょう 。

 

(2)証人を2人以上決めましょう。

※推定相続人、未成年者、公証人の配偶者・四親等以内の親族、書記および使用人などは証人の資格がありません。

 

(3)公証人と日時を決めましょう。

外出できないような状態にある場合(病気入院、ケガ等)は、公証役場に依頼して出向いてもらうことも可能です。

 

(4)必要な書類を集めます。

ⅰ)遺言者の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)、戸籍謄本(遺言者と相続人との続柄がわかるもの)

ⅱ)住民票(相続人以外の人に遺贈する場合)、法人の登記簿謄本(会社等の法人に遺贈する場合)

ⅲ)財産特定のための不動産の登記簿謄本、固定資産評価証明書

ⅳ)預金通帳のコピー

ⅴ)証人の住民票などが必要です。

 

(5)遺言の原案を作成しましょう。

作成された原本は、原則として20年間公証役場に保管されます。

20年間の期間が経過した後でも、特別の事由により保管の必要がある場合は、その事由がある間は原本が保管されます。

実務の対応としては、20年経過後も原本を保管しているのが通常です。

遺言は満15歳以上であれば作ることができますから、若いうちに公正証書遺言を作る場合は、事前に公証役場に確認しておくのがよいでしょう。

公正証書遺言をお勧めできるのは、紛失、偽造を防止できることもありますが、一番は法的に間違いのないものを作成できることです。

また、公正証書遺言は、日本公証人連合会が運営する検索システムに登録され、全国どこの公証役場でも検索でき、遺言公正証書の有無は容易に確認できるようになっています。

ただし遺言者の生前は、遺言者本人以外は公正証書遺言の閲覧、謄本の請求をすることができません。

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 解決事例
  • ご相談から解決までの流れ
PAGE TOP
お客様の声を大切にします
  • お客様の声1…

    相続について知識不足でしたので、司法書士さんにお願いする様に思いました。 無料相談を受けて安心してお願いできると思いました。

  • お客様の声1…

    何もわからなかったのですべてまかせられて安心出来ました。 やさしく説明していただき相談出来てよかったです。

  • お客様の声1…

    専門的なお話ばかりでむずかしいと思ってましたが、とてもわかりやすく説明していただけました。 安心してまかせるのが一番です。おすすめです

  • お客様の声1…

    こういう経験は初めてで何も分からないまま すべておまかせしたい気持ちで相談致しました。 又、他の事情で相談に来る時があるかも知れません。 その時は是非、利用させてもらってもいいでしょうかお願いします。 本日、本当にありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら